2021年1月の収益は+6,069円でした

今回は2021年1月の収益結果と反省を書いて行こうと思います。

今回「トラリピの収益」と記載しなかったのは自動設定しているトラリピと手動でトラリピの様な取引をしたのでそうさせて頂きました。

手動トラリピと聞こえが良く言っていますが、現実は普通のFXですからね。。。

2021年1月の振り返り

2021年1月は+6,069円でした!

大した金額ではないのですが、含み損を引いた分の金額になりますので、プラス収支になっている事については良しとします。

ここからは反省点があったので書いておこうと思います。反省点を改善していくことで収益に繋げていきたいと考えています!

反省点は下記3点です。

  • FXとして取引をしてしまった
  • 常に相場に参入してしまい我慢できない
  • 取引通貨を安易に増やして失敗

それぞれについて自分の反省と改善策を書いておきたいと思います。

FXとして取引をしてしまった

そもそもトラリピの運営会社であるマネースクエアはトラリピを利用して自動売買が実現できることを売りにしており、他のFX会社さんより手数料が高いです。

普通にFXの取引をするなら他のFX会社さんの方が手数料が安いです。(通貨によって会社ごとに差はあります)

もし同じようにマネースクエアでFX取引をしている方は乗り換えた方が良いかもしれませんね。

FXの取引をやるとチャートに張り付いてしまい、時間の大きな喪失につながり、さらに損失を出した際には時間とお金の両方で損失を出してしまうのがデメリットですので、今後参入する場合にはIFDを利用してあくまでも自動売買設定は守ろうと思います。

自動売買設定をするというルールを守れれば、時間の喪失は防げると考えています!

常に相場に参入してしまい我慢できない

含み損が出ている時はチャートもあまり気にならなかったのですが、ポジションの決済が続き、含み損もポジションも無くなった時に相場に参入したいという欲が出てしまう傾向があると思いました。

たまたま参入した通貨では大きな上昇や下落が無かったので含み損があっても解消してプラスになったのですが、もし相場が荒れた場合にはかなりの痛手を負う事になった可能性が高いです。

結果良ければ全て良しかもしれませんが、自分の将来設計のためにコツコツやっていく事を目標にして始めたトラリピなので、その目的に反した行動を取っている事は反省しなければいけません。

自動売買設定を守り、またチャートを見る機会を減らすために資格の勉強やトラリピの設定の見直しを行うことで、後先を考えないポジションで参入しないように改善しようと思っています。

取引通貨を安易に増やして失敗

全て私自身が冷静に取引できていれば問題無いのですが、我慢が利かなかったりポジションを持っていないと面白くないと感じることで取引通貨を増やしたいという考えもありました。

これも通貨を安易に持ち過ぎると相場の大きな変化に対応ができないと感じました。

正直カナダドル円だけで資金的にも相場把握も手一杯なのに、米ドル円やニュージーランドなどにも参戦してしまいました。

大きな失敗ではありませんが、安易に取引通貨を増やしてしまうのはトラリピではOKでも手動では絶対にやらないように自分に課していこうと思います!

まとめ

今回は自分の行動の反省をすることになりました。毎月行動の反省を書いていくつもりはありませんが、自分の人生を安心で豊かにするために努力を続けていこうと思います。

今後はトラリピの設定やIFDの設定に関して修正点や改善点を書いて行こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です