トラリピの含み損は大丈夫なのか?

今回は『トラリピの含み損は大丈夫なのか?』について書いていきたいと思います。

トラリピをやった事が無い人、もしくは始めたばかりの人が考えがちな事ですが、トラリピで含み損を抱えてしまうとこのままで大丈夫か、早めに損切りした方が良いのかと考えてしまい不安になりますよね?

ちなみに私ももちろんトラリピで初めて抱えた含み損に不安になった経験をしていますw

そこで今回はトラリピで含み損を抱えていても大丈夫なのか?そして不安になった時の対処法について書いていきたいと思います!

トラリピで含み損を抱えて大丈夫なのか?

トラリピで含み損を抱えてしまって大丈夫なのか?と不安になっている方は、まずトラリピの仕組みをよく知ってもらった方が良いです!

トラリピはレンジ幅を設定して、そのチャート内に均等幅でトラップを仕掛けて、上下に動いた時に設定した利幅をクリアした時に利益が出せる仕組みとなっています。

利益を出そうと思ったら、とにかくポジションを持っていないと、利益を出すものが無いので何もできないというか何も起きないんですよね^^;

つまり、含み損は利益を出すための過程で必須のものなので、「この含み損があるから利益が生まれる」というリスクがあるからこそリターンもあるんだと考えるしかないです。

ただ、含み損が自分が考えている以上に膨らんでしまうこともあるかもしれません。自分の想定以上に含み損が大きくなってしまったとしても焦らずに、対処していく必要があると思います。

焦りはそのまま損失になるという事を覚えておかなければいけませんし、トラリピの含み損は大丈夫という結論で大丈夫かと思います!

トラリピで含み損を抱えて不安にならないための対処法

トラリピを始めてから私自身も含み損を抱えて不安になることがあるので、そんな時に不安を解消するために私が行っていることを紹介しておきたいと思います!

所有しているポジションがレンジ内にあるかを確認する

トラリピは決まったレンジ内を上下することで利益を出していく手法になりますので、レンジを外れてしまっていたり、相場が新たなチャートを作り始めていると判断した場合にはロスカットをする必要性が出てきます。

しっかり自分の持っているポジションが長期的に見てもレンジ内にあるかどうかを確認しておく必要があります。ちなみにこれは不安を解消するためだけではなく、定期的に確認しておく必要があります。

チャートを見る機会を減らす

トラリピを含むFXというのは常に状況に変化が現れる可能性があり、一度始めてしまうとその状況が気になってしまって仕事や家事などに集中できなくなってしまった経験のある方も多くおられるのではないでしょうか?

私自身も過去には常にFXのチャートに張り付いてしまって仕事が進まないなんて事がありました。

現在の職業に転職をする前の準備期間には自宅に引きこもり、1日10時間以上もスマホでチャートとにらめっこをする生活を数日間連続でしていたこともあります。

そんな状態では仕事や家族関係を始め、日常生活の様々な面で支障が出てくると思いますのでチャートを見る機会を減らしましょう!

チャートを見る機会を減らすために、PCに触れる機会を減らす、スマホが視界に入らないようにするなど様々な対処法があると思います。それぞれの家庭環境や家族関係、仕事の環境によって変わってくると思いますので自分に当てはまる対処法を行うのが良いと思います。

まとめ

トラリピは過去にも流行った時期があったそうで、最近では第2次ブームと指摘されています。

為替市場というのはどこかで暴落が起きて必ず損失を出す人が出ます。2020年にも3月頃にコロナの影響で相場が大きく動いた際に損失を出してトラリピから撤退した方も多くおられるようですし、とにもかくにも長い目でやっていかなければ利益に繋がりません。

そういった意味でも目の前の含み損は問題にしてはいけないですし、長い目で見て大丈夫と考えるべきでしょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です